約5ヶ月使用したApple Watch Series 6 ソロループのテカリ具合を劣化具合を写真でレポート

2020年11月に購入したApple Watch Series 6 ソロループ。約5ヶ月間着け続けた劣化具合を写真と共にご紹介したいと思います。

  • 平日デスクワーク中は常に装着。家事中も装着。休日も基本的に常に装着。
  • 入浴時のみ充電のため外す。
たかむら

テカリ、コーティングの剥がれが気になりだしたのは着用して1ヶ月を過ぎたあたりからです・・丁寧に扱っていたにも関わらず、です。

約5ヶ月使用したソロループ。見えますでしょうか。白い筋がコーティングが剥がれてしまいテカリが発生している部分です。
購入当初のゴムっぽいのにどこか上品な佇まいを完全に失ってただのゴムになりました。
よく擦れる部分からコーティングが剥がれてきてテカリが目立つようになりました。
テカリとは関係ないですが、ソロループは写真のようにホコリがつきやすいです。
ここまでテカってくるとむしろテカリはそんなに気にならなくなります
アップルウォッチのボディの方はずっと着けているにも関わらず無傷です。
今から購入される方におすすめできるか?と言われると、テカリ出すのを受け入れられるならオススメです。テカリを上回る装着感、着けているのを忘れるようなバンドなので個人的には時期Apple Wacthもソロループを買いたいと思います。

5ヶ月間使い続けたApple Watchのレビューでした。個人的にはテカリだした当初はショックでしたが、次第に慣れてしまい気にならなくなりました。とにかくテカリが嫌だ!という方は違うバンドの方がいいかもしれません。個人的にはソロループのつけ心地は他のバンドでは味わえないと思うのでテカってもソロループの購入をおすすめします。最近はサードパーティから安くてソロループに似ているバンドも出ているのでそちらで試してみるのもオススメです。どうせテカるなら安いバンドを使い倒してテカったら交換という運用もいいかもしれません。

ソロループのリセールバリューははたしていかに・・・

これは買う前に気づけばよかったのですが、AppleWatchはバッテリーで動いているのでいつか売るか捨てるかになると思います。その際ソロループは他のベルトに比べると売れにくいのではないかと思っています。

売れにくい理由・・・サイズがぴったり合う人じゃないと買わない

ソロループは購入時にサイトや店舗で採寸して自分にジャストフィットなサイズを購入します。つまり裏を返せば全く同じサイズを希望している人にしか売れないということです。他のベルトはサイズ調整が可能なので欲しい人の母数も思いますが、それに比べると同じサイズを欲しい人の数はかなり少ないはずです。

売れにくい理由・・・テカリ

この記事で書いたとおり、ソロループのテカリは気になる人は気になります。どれだけ大切に扱ってもメルカリなどで売る際に「目立った汚れなし」では売れないかと思います。普通につけているだけでコーティングは少しずつ剥がれていきテカリ出します。売る時に他のベルトに比べて値段が下がる可能性が高いです。

たかむら

テカリやリセールバリューは気になるけどやっぱりソロループはオススメです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です