grafがリニューアルを手掛けた滋賀県立美術館に行ってきました

尖りすぎない感じが心地いい美術館です

たかむ

今回もα7SⅢとSEL50F1.2GMの組み合わせで撮ってきました!

目次

公園の中にある穏やかな美術館

滋賀県立美術館はびわこ文化公園というひろーい公園の中にあります。その公園が広すぎて人とすれ違うこともあまりなくとても穏やかな公園なのです。心が穏やかになる空間。

土地が広いので敷地にゆとりがあって通路もかなり広め。

検温とアルコール消毒をしていざ突入。リュックは極力ロッカーに預けてくださいねとのことでした。

高い天井と大きなガラス、そこにgraf監修のベンチや照明

このライトがいい雰囲気を醸し出してました。

各種サインもいい感じ。

このときやっていた特別展。

小さい子供も飽きない工夫が満載

展示室の外にふせんが置いてあり、感想を壁にペタペタ書き残すことができるスペースがあります。

これが子供心をくすぐるのか、子供の字で感想がいっぱい貼られていました。

大人が見ると「せんやな・・」って感じのふせんなんですけどね。これが子供は張り切って感想を書くんです。発想の勝利って感じです。

キッズスペースも穏やか

子供が遊ぶのを穏やかに見守れる椅子。

全体に穏やかな空気が流れていました。

尖りすぎない美術館。こんな落ち着く美術館は初めてかもしれません。周辺の公園も穏やかな時間が流れているからそう感じるのでしょうか。もしくは滋賀マジックか。 

とにかく落ち着いてゆったりまったり穏やかな気持になれる美術館です。オススメ!

滋賀県立美術館
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

大阪でwebディレクターをやっています。
α7SⅢで撮った写真とおでかけ情報などを発信しています。

コメント

コメントする

目次
閉じる